俳優を本気で目指す大学生がいましていること

Actor

こんにちは!リク(@riiin_actor)です!

「俳優」って
馴染みのない人からしたら全く未知の世界だと思います。

普段TVでみたり映画でみたり、舞台でみたり・・・

そんな”俳優”の世界に少なからず、興味を持ったことがある人も多いのではないでしょうか??

果ては
”なりたい!”
と思う人もいると思います。

そこで

  • 役者ってどんなことするの?
  • 役者になるためにどんなことしてるの?
  • 学生でも役者は両立できるの?

こういった疑問にお答えしていきます。


しかし、ボクはまだ”役者”として生計を建てられているわけではありません。

なので今回は
俳優の卵がプロになるために積み上げていることを赤裸々と公開します!

この記事はこんな人におすすめ
  • 役者になりたい人
  • 大学からお芝居を始めたい人
  • 役者やその卵がどんなことしているのか気になる人

それではいきましょう!

役者を目指す大学生が日々していること

そもそも役者になるにはどんなスキルが必要なの?

実際、役者になるために絶対必要なスキルはない!(と思ってます。)

これを身に付けなけらばならない!というのは人それぞれなので。
大切なのは自分に足りないもの・なりたい役者像を分析して、すべきことを見つけることです。

自分の理想の俳優像

・ミュージカルや2.5次元など商業を中心に活動する舞台俳優
・映画にも出演できるレベル
・影響力をつけて、舞台の地位向上に励みたい
・アメリカやイギリスみたいにミュージカルを一般化させる

理想の俳優像。というより目標です。
自分がなりたい俳優というものはこのような感じでした。

そこからボクに必要だと感じたものはこの4つ!

・ダンス力
・歌唱力
・発信力
・スキンケア

ボクにとってこの4つは役者を目指す上では、最重要事項でした。

リク
リク

演技力に関してはある程度土台があるので、現場や定期的に行われるWSなどで補っているので最重要ではありませんでした。

1.ダンス

一つ目は”ダンス”

・ミュージカル
・2.5次元舞台

これらで活躍するにはダンス力(身体能力)は必要不可欠です。

ダンスは役者を目指すならやっておいた方がいいと個人的には思います。

・表現力の幅が広がる
・体力の増強

などが見込めます。例えミュージカルに出たいと思わなくても、お芝居は体力と表現力は必要なので身に付けて損はないです。

それに特技にもなりますからオーディションのアピール材料にもなります!

ボクは平均して、週に

4〜5日

ダンススタジオに通っています。
メインのジャンルは”Jazzダンス”です。

2.ボイストレーニング

続いてボクが普段していることは”ボイストレーニング”です。
ダンスと続いて、ボクが目指すものには歌唱力が必要となります。

実はボイストレーニングと一言に行っても多くの種類があるんです!

・ポップス歌唱
・クラシック
・舞台発声

・ポップス
ポップソングを歌う時によく使われる歌い方がポップス歌唱です。マイク通りをよくしたり、高音を出せるようにしたり。いわゆる通常の歌い方です。

・クラシック
声楽とも言われます。マイクの使用は前提条件でなく、広いホールで自分の声を響かせるための歌唱法です。声量と響きが身につく歌い方です。

・舞台発声
歌い方を学んだりするものではなく、腹式呼吸で大きな声を楽に出したり、声の通りをよくしたりするボイストレーニングです。舞台役者などはこの基本的な発声を身に着ける必要があります。

歌唱のボイトレは主に二つありますが、どちらがミュージカルに向いている。などはありません。

ポップスの歌い方で歌う人もいれば
声楽を習っていた人もいますので、千差万別ですね!

ボクは”ポップス”のトレーニングを受けています。

俳優が歌う機会はミュージカルだけではないと思い、ポップスを受けることにしました。

普段は月2でボイストレーニングを受けています。

3.情報発信

続いては”情報発信”のトレーニングを普段行っています。

このブログもだし、Twitterもですね。

現代はSNSも発達してきていて、ファン獲得のチャンスでもあります!
メディア露出が少なくてもSNSで発信を続ければ、みてくれる人はいます(多分・・・。)

それに普段から自分の考えを人に伝えるというのも”表現者”としての俳優に必要な力だと思っています。
自分の活動を発信するためにも発信力は必須だと感じます!

4.スキンケア

お次は”スキンケア”です。

人前に出る役者なのでお肌のお手入れは必須!
特にボクは肌があまりきれいではないので朝夜のスキンケアは欠かせません。

朝→1,起きた後、蒸しタオルで顔を温める。
  2,お湯で汚れを落として、洗顔
  3,しっかり拭いて、化粧水&美容液&保湿

外出→日焼けクリーム

夜→1,洗顔
  2,化粧水&保湿(たまにパック)
  3,12時までには寝る

毎日のスキンケアルーティンです。

俳優を目指す大学生の1週間のスケジュール

俳優を目指す大学生の1週間ってどんな感じなの??

ということで
”学校がある +舞台本番が近い”1週間

”学校が長期休み +舞台本番が近い”1週間

ご紹介していきます。

「大学と役者活動の両立が難しいよ!」

って人は参考にしてみてください!

学校あり +本番ありの1週間

こちらは学校と稽古がメインとなる1週間です。

僕が大学三年生の頃のスケジュール帳&日記帳から抜粋です笑

月曜日

6:00~9:00 起床&通学

9:00~12:30 午前の授業

13:30~17:00 午後の授業

18:00~22:00 稽古

23:00~1:00 帰宅&夕食&就寝

火曜日

6:00~9:00 起床&通学

9:00~12:30 午前の授業

13:00~15:00 午後の授業

16:00~22:00 バイト

23:00~12:00 帰宅&自由時間&就寝

水曜日

6:00~10:00 起床&通学

10:30~12:30 午前の授業

13:30~15:00 午後の授業

15:00~17:00 ジム

18:00~22:00 稽古

22:00~23:30 友達とダンス自主トレ&夕食

0:00~2:00 帰宅&自由時間&就寝

木曜日

7:00~10:00 起床&通学

10:00~12:30 午前の授業

13:00~14:30 ダンスレッスン

15:00~17:00 ボイトレ

18:00~22:00 稽古

23:00~1:00 帰宅&夕食&就寝

金曜日

7:00 起床

9:00~10:00 ジム

10:00~12:00 昼食&自由時間

12:00~17:00 バイト

18:00~21:00 稽古

21:30~22:30 ダンスレッスン

23:30~2:00 帰宅&夕食&就寝

土曜日

9:00 起床

10:00~12:00 ジム

12:00~14:00 友達と昼食

15:00~22:00 稽古

23:00~0:00 帰宅&夕食&就寝

日曜日

7:00 起床

9:00~14:00 バイト

16:00~20:00 稽古

21:30~22:30 ダンスレッスン

23:30~1:00 帰宅&夕食&就寝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学校があることがかなり弊害でした・・・笑

ちなみに自由時間は
「読書・Youtube・課題」
が主だったはずです。

学校なし&本番近くの1週間

主に稽古とレッスンがおもな1週間です。

月曜日

5:00 起床

7:00~21:00 舞台の裏方の仕事

22:00~0:00 帰宅&自由時間&就寝

火曜日

7:00 起床

9:00~11:00 ジム

14:00~15:30 ダンスレッスン

16:00~18:00 顔合わせ

19:00~21:00 懇親会

22:30~1:00 帰宅&自由時間&就寝

水曜日

7:00 起床

10:00~14:00 稽古

16:00~21:00 稽古

22:30~0:00 帰宅&就寝

木曜日

6:00 起床

8:00~9:00 ジム

11:00~12:30 ダンスレッスン

13:00〜17:00 稽古

18:00~22:00 稽古

23:00~3:00 地元の友達と遊ぶ&就寝

金曜日

7:00 起床

10:00~11:30 ダンスレッスン

12:00~15:00 ダンス・ボイスレッスン

16:00~17:00 稽古(一瞬顔出し)

18:00~21:00 稽古

22:30~2:00 帰宅&夕食&就寝

土曜日

8:00 起床

10:00~13:00 稽古

14:00~16:00 レッスン

18:00~21:00 稽古

22:30~1:00 帰宅&夕食&就寝

日曜日

7:00 帰宅

9:00~10:00 ジム

12:00~13:30 ダンスレッスン

14:00~20:00 稽古

20:00~22:00 稽古後の飲み

0:00~2:00 帰宅&就寝


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この時期は近々に二つの舞台の本番がありほとんど稽古で、たまにレッスンを入れていた感じです。

文字にすると、大変じゃなさそうですが
同時期に全く雰囲気の違う台本をやるのはかなり疲れました!笑

しかし、本業が役者の人はこれが日常だと思います。

役者を目指すのは何歳からでもいける!?

リク
リク

役者業と勉強の両立は全然できます!

僕は本格的に俳優を目指すなら”大学のサークル”ではなく、オーディションをバンバン受けていくのがいいと思っています。

人脈も増えるし、実践経験も積めます!

俳優を目指すとなると、そのためのレッスンや舞台の本番などで
多忙な日々になると思います。

しかし、うまくスケジュールを立てちゃえば意外といけます!もし目指している人がいれば
隙間時間を大切にして、俳優道を進んじゃってください!

以上、学生兼役者のリクの日常でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました