【離脱率を下げる!】ブログの書き方で注意すべきポイントとは?

ブログ 書き方 アイキャッチBlog
  • ブログを始めたばかりで
    どうやって書けばいいのかわからない!
  • なかなかPV数が上がらない。
  • もっと魅力的な文章にしたい!

今回はこう言ったお悩みにお答えしていきます。


ブログを始めたらまず悩むのが
”ブログの書き方”
ですよね。


思ったことを適当に羅列するだけじゃ

いい記事は書けません!

ちょっとしたテクニックを入れるだけで見づらいブログが
一気に改善します。

そこで今回は「ブログの書き方で注意すべきポイント」をご紹介していきます。

・改めてライティングスキルを勉強したい人
・初心者でライティングがいまいちわからない人

はこの記事で、現状を向上させることができます!

今回のポイント
  • 人を引きつける文章をかく2ステップ
  • 人を飽きさせない文章作り

それではいきましょう!

ブログで失敗する書き方とは

女性 落ち込んでいる きれい 夕陽

ブログで意識すべきことは


”いかにして読者に読ませるか”

です。


ブログで失敗する書き方って?

ズバリ、読者を第一に考えていない書き方です。


読者が求めるブログは簡潔で読みやすいものですので
それに反したブログだと読まれにくいです。

読者を無視した書き方とは

  • バズワード(専門語)を多用しすぎている。
  • 無駄に長い

この二つが当てはまる人は要注意です!

バズワードを多用している

読者が離れる大きな理由の一つが”バズワードの多用”

ブログを見にくる人は

何か悩みや疑問を解決したい人。

そういう人に対して

専門性の高いキーワードばかりの記事では読んでいても理解ができず
離脱してしまう恐れがあります。

誰でもわかりやすい言葉を使うことを心がけましょう!

リク
リク

専門性が高い言葉だとそれを理解できない可能性もあるので、噛み砕いた表現がベストです!

無駄に長い記事

ブログはそれなりの文章数がないと
SEO的によくないですし、これからアドセンスを狙う人も不利になります。

じゃあたくさん描いたほうがいいんだね!

リク
リク

結論はそうだけど、ちゃんと意識すべきポイントがあるんだ!

記事に必要のない表現などで3000文字や4000文字を稼いでも
それは読者を第一に考えている記事とは言えません!


なので一度ブログを書いたらざっと見直して


いらない表現や
この文がなくても十分伝わる!

と思った箇所は徹底して削りましょう!

大事なポイント
  • 専門用語を多用しない
  • 簡潔でスッキリした文章を心がける

ブログを読ませる書き方とは

ブログで読者に飽きさせず読ませる文章作りには

三つのポイントがあります。

  • 構成はスッキリさせる
  • なぜ?に答える
  • 「3」という数字を意識する

ひとつづつ解説していきます。

1.構成はスッキリさせる

構成が適当だったりごちゃごちゃしていると読みづらくなります。

文章構成は簡単にかつスッキリさせるのがベスト!

  • 冒頭→問題提起→問題解決→まとめ

こうしたシンプルな構成を意識して書いてみましょう。


本文内で起承転結させるのも大事です!

  • 冒頭→問題提起→問題解決→それに対するデメリット→まとめ

こうして「転」を加えるのも読ませるためのテクニックです。

でもちょっと味気ないなぁ・・・

そう感じたら
自分の経験談や感想を加えるのがいいです。

記事の信憑性も上がるし、エッセンスも加えられるのでおすすめです。

  • 意識するのは起承転結
  • 簡潔な構成が読まれやすい
  • 自分の経験談を加える

2.なぜ?に答える

”読者はなぜこの記事を読むべきなのか”

について答えてあげると、読みやすい記事になります。

記事を読む人はライターに興味があるわけでなく
自分の疑問や悩みを解決したいから記事を訪れます。

その記事の冒頭で

「この記事を読む価値はこんなことですよ。」
「こんな悩みの人はこの記事を読むといいですよ。」

と提示するだけでも読者は安心して記事を読み続けられます!

まず記事の執筆作業に取り掛かる前に
この記事を読む理由や気に掛ける理由を自問してみるといいでしょう。

  • なぜこの記事を読むべきなのか。を考える
  • 記事を読んだときの価値を提示する
  • 読むべき人の例を冒頭に書く。

3.3という数字を意識する

3の数字 段落

人は一度のコンテンツで
3〜4のポイントしか記憶できません。

なのでポイントは3〜4かそれ以下に絞るのがベストです。

リク
リク

たくさん書いたら信憑性も上がるし、書きたいことが多いよ!

もちろん文字数が多いに越したことはないですが、
読み手が集中して読めないのだから、見出しは3つくらいに絞ったほうが得策です。

もちろんそれは小見出しにも言えることです。

例えばこの項でも
三つのポイントを絞ってお伝えしています。

3つのポイントを出してそれぞれ詳しく説明する。

それだけでかなり読みやすい文章になるはずです!

  • 見出しや小見出しは最高4つまで。
  • 三つのポイントを出して後から詳細を説明

まとめー読ませるブログの書き方ー

ここまでのことを簡単にまとめます。

  • バズワードの多用は厳禁
  • 無駄に長い文章はNG
  • 構成をスッキリさせる
  • なぜ読者は読むべきなのか?に答える
  • 3〜4の数字を意識する

ライティングは学べば学ぶほど奥が深いです。
特に初心者のうちはどういう風に書けばいいのかわからないです。


今回みたいなテクニックを学ぶのでもいい

参考にするブロガーを見つけて真似するのでもいいです。

自分のやり方で素敵な記事を書いていってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました