【ブログ初心者あるある?】保護されていない通信とは?SSL化の抜け穴!

pc ノートBlog

ドメインは独自SSL化したのに”保護されていない通信”と表示されるのはなんで?

今回はこういった疑問やお悩みにお答えしていきます。



ブログを始めるならSSL化をする必要があります。

WordPressでサイトを作った人ならドメインから「独自SSL」を設定するはずですが

URLのところが「保護されていない通信」と表示されるかもしれません。

この表示をされたら「常時SSL化」ができていないということになります!


今回はその対処法をご紹介していきます!

今回の主な内容
  • 常時SSL化とは
  • SSL設定したのに保護されていない通信と表示される
  • 保護されていない通信の対処法

それではいきましょう!

常時SSL化とは

WEBページのURLをすべて「https」の形にすることを常時SSL化と言います。

httpsとは通信を暗号化するという意味です。

常時SSL化しないとどうなる?

現在Googleは常時SSLを推進しています。


ということはGoogleで検索表示されたいのなら

「常時SSLは必須だよ」

ということになりますね。



その他にも表示速度が遅くなったり、読者に不安を与えてしまったり

常時SSLをしないのはデメリットばかりです。

常時SSL化したのに「保護されていない通信」と表示される

WordPressを設定する際にほとんどの人が、常時SSL化は済ませていると思いますが

ふと気づいたらこんな表示されていることありませんか?

ブログ スクリーンショット

こちらは当サイトのホーム画面ですがURLのところにご注目!

「保護されていない通信」

と表示されていますよね。

これは常時SSL化が完全に済んでいないことを警告しています。

ちゃんと初期設定でhttpsに変えたのになんで!?

リク
リク

実は意外な理由からこの表示がされている事が多いんだ!

保護されていない通信の原因と直し方

SEO的にもキュリティー的にもSSL化するのは必須という事で

「保護されていない通信」の原因と直し方をご紹介します!

まず原因を究明

まずはなぜ通信が保護されていないのでしょうか・・・。

その原因を知りましょう。

スクリーンショット SSL化

まずWEBページの左上の点々をクリック→その他のツール→デベロッパーツール

を表示させます。

SSL化の原因

「seculity」を押してこのページを表示させます。

”Resource”をみたら分かると思いますけど赤字でmixed contentと書いてあります。



つまり画像にhttpとhttpsが混ざっているという事です。


原因としてはサイトをHTPPS化する前に画像をアップロードしたことかと思います。

保護されていない通信を直す

さてメディアを見直したところ

どの画像もしっかりhttps化していたようです。



となると普通にアップした画像が原因じゃないですね。

他に画像を使っているところは

プロフィールです。

プロフィール スクリーンショット

確認してみると

やっぱり!!



画像のURLがhttpのままでした!


早速https化させましょう。

URLのhttpにsを足すだけです。

スクリーンショット SSL化

これでよし!!

ふとURLの欄をみると

直ってるーーーーー!!

やっぱり原因は画像のURLでしたね。

保護されない通信が表示されたら画像を疑え

既にサイトURLはhttps化して常時SSLとなってるはずなのに

保護されていない通信と表示されたら、まずは画像を疑いましょう。



十中八九画像のURLがhttpになっています。



これさえ直せばSEOも向上しますし、見栄えも良くなります。

保護されていない通信と表示されてお困りの方はお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました